column

デリケートゾーンの黒ずみに重曹が使えるとか、使えないとか…

最近なにかと便利とやたらテレビでも取り上げられたりすることの多いのが、重曹。

この重曹がデリケートゾーンの黒ずみ解消に使える!!

そんな話聞いたことありませんか?

これまた、黒ずみ対策に効果ありと巷では言われていますがいったいどうなんでしょうか?

重曹でデリケートゾーンは危ない!?

結論から言っちゃいます!!
デリケートゾーンの黒ずみ対策には重曹は使えません!!(キッパリ)

というか使わない方がいいと思いますよ!

脇の下の毛穴の黒ずみや鼻の黒ずみなんかには効果ありですが、ことデリケートゾーンの黒ずみは基本的にメラニンが沈着したもので重曹にはメラニンを消す作用はありませんから・・・

それに重曹の粒子は粗すぎるためデリケートゾーンに使ったりすると、肌荒れを起こす可能性も否めません!!

ということで重曹はデリケートゾーンには使わないでくださいね!!

重曹はどんな黒ずみに効くの!?

では、重曹はどんなとこに使えるのか参考までに勉強してみましょう。

重曹は弱アルカリ性の性質を持ち酸性の油脂汚れに効果があります。
重曹に、水を加えて混ぜたもので、肌の黒ずみを綺麗にケアすることが出来るのです。

水に溶けにくく、濡れると粒子が丸くなる性質から、ひじや膝、かかとの角質ケアにも使え古くなった角質落としや毛穴の詰まった黒ずみ、角栓を取り除いてくれるといわれています。
つまり脇の下や鼻の毛穴の黒ずみや古い角質を落とすためには効果を発揮してくれるということですね。

が、敏感肌の人や肌が弱い人にとっては刺激が強いため肌荒れを引き起こす可能性もありますから使いすぎには注意が必要です。
週に一度か二度までにしましょうね。

ちなみに黒ずみ対策にはこれが人気⇒イビサクリーム

ということで・・・

脇の下や古い角質をケアするためには重曹は効果的ですが、デリケートゾーンや乳首などの皮膚層が薄い敏感な部分には不向きです。

デリケートゾーンにはきちんとした専用クリームを使ってあげることが黒ずみケアへの近道なんですね。