column

デリケートゾーンの黒ずみはどうしてできる?|原因と解消法を考えてみた

女性なら誰もが一度は悩んだことがあるであろう黒ずみやシミ。
年齢を重ねれば自然とできてしまうのはわかっているけど、なかなか上手な解決法が見つからないなんていう方も多いはず。
中でもデリケートゾーン。

普段は見えないところだから「ケアしなくていいや」なんて思われる方もいらっしゃいますが、「女子力アップ」のためにも「カッコイイ女」であるためにもぜひここはケアしておきたいところ。

ただ場所が場所なだけになかなか人に相談できずに困ってしまいますよね。
デリケートゾーンの黒ずみができてしまう原因とその解消方法についてまとめてみました。

どうしてデリケートゾーン黒ずむの?

デリケートゾーンに限らず、肌に黒ずみができてしまう原因のそのほとんどは「摩擦」であったり「刺激」だったりします。
その中でも、デリケートゾーンはその名の通りどこよりも皮膚がデリケートで薄く黒ずみができやすい場所といえます。

締め付けの強い下着をつけていると気がつくと皮膚が赤くなっているなんてことありますよね。
この摩擦や刺激が毎日繰り返されることで、その部分が黒ずみへと変化していきます。
特に下着のゴムが当たる部分「腰回り」「Vライン(足の付け根)」はどうしても直接ゴムで締め付けられるので黒ずみができやすい部分なんです。

これは下着によって摩擦や刺激を受けているためそれが積み重なって黒ずみとなってしまうということです。
日々の刺激や摩擦からお肌は直接肌を守ろうとします。
この時に発生するのがメラニンです。

メラニンは外部からダメージを受けるとメラノサイトからその生成を活発にし肌を保護しようと動き出します。
もちろん本人の意思とは関係なしに…

自然と肌を守ろうと発生したメラニンがさらに活発になり、それが積み重なることで黒ずみとなってお肌に残ってしまいます。

妊娠や出産による黒ずみはちょっと違う

妊娠や出産をすると、乳首やデリケートゾーンの黒ずみがすごいことになるなんて話はよくあります。
通常メラニンの発生するのは、今も話したように外部からの刺激から肌を守るためです。
しかし妊娠中は「母体が出産に備えて肌を守る」ためにメラニンの生成が活発なものとなり、いつも以上に黒ずみとなってお肌に現れます。

妊娠中というのは普段に比べるとターンオーバーも乱れやすいため、余計にこの黒ずみが悪化しいつも以上に真っ黒に見えてしまいます。
しかし産後にターンオーバーが正常な状態へと戻っていくと、徐々にこの黒ずみは薄くなっていきます。

ただデリケートゾーンは、出産時に大きな肌ダメージを受けているため他の部位に比べると黒ずみは残りやすくなってしまいます。

年齢を重ねると黒ずみはできやすくなるの?

人の体は年齢を重ねることによって、血行や代謝も衰えこれが原因で肌は黒ずみやすくなってきます。

通常お肌は28日周期で新しい細胞へと生まれ変わるターンオーバーを重ねているのですが、年齢を重ねることによりこのターンオーバーの周期がだんだんと伸び始めます。

そのため、黒ずみを改善するにも若い頃に比べるとどうしても時間がかかってしまいます。

黒ずみの解消方法はどうすればいいの?

以上のように黒ずみは私たちの意思とは関係なしに、自然と発生してしまうものです。
だからといってそのまま放置していると、なかなかきれいにはなりません。
そのため自分自身で積極的に黒ずみの解消に臨むべきなのです。
この黒ずみをケアしてあげるためには、

・摩擦や刺激、乾燥からお肌を守ってあげること
・新陳代謝の周期を整えメラニンの発生を抑えてあげること

こういったケアが必要です。
そのためには食生活を改善したり、睡眠時間を確保してあげたり、ストレスのない生活習慣を実現するなどと言うことが言われますが、現実的にはなかなか難しいもの。
そればかりを意識して生活するわけにもいきませんよね。

でしたら、意識的に「ターンオーバーを正常なものへと導きしっかりと保湿をしてあげる」これを取り入れていけばいいわけです。

イビサビューティーの代表アイテム「イビサクリーム」はこの「保湿と美白」を高い次元で実現してくれます。
お肌にやさしい美白成分としっかりとした保湿成分が、メラニンを排出し黒ずみのできにくいお肌へと変化させてくれます。
さらに一歩すすんでデリケートゾーンのエイジングケアも行うなら「イビサセラム」を使用してあげるとさらに効果的といえます。

デリケートゾーンの黒ずみに悩まされたら、一度イビサビューティーシリーズを使ってみるといいかもしれませんよ!
イビサクリームの詳細をどうぞ