column

デリケートゾーンのきれいのためには保湿が何よりも大事なんです!!


デリケートゾーンは顔の皮膚よりも複雑な形になっており皮膚層自体がとても薄いため、摩擦や刺激により黒ずみが他の部分に比べてとても発生しやすい場所です。

皮膚層が薄い=角質層が薄いという事ですから、それだけ水分を保持している力が弱いとも言えるわけです。
つまり乾燥しやすいため外部からの刺激を受けやすく、敏感に反応してしまうんですね。

また最近ではVIO脱毛をする女性が増えていますが、脱毛後に大事な事はとにかく保湿ケアをしてあげること。
これをしっかりしてあげないとせっかく脱毛してきれいになっても肌の炎症が起こる可能性があります。
脱毛サロンでも多くは保湿クリームを塗ってくれますね。
これは火照った肌が炎症を受けないために鎮静化するためです。

自分で脱毛処理をする時も、必ず保湿をしてあげることが重要です。
それだけちょっとしたことでもダメージを受けてしまうデリケートゾーンは意識的にしっかりと保湿をしてあげる必要があります。

特に乾燥肌の人は顔や腕等と同様に他の部分も乾燥しがちです。
そのため強い紫外線を浴びた後や脱毛処理をした後などは、特に念入りに保湿ケアをしてお肌に潤いを与えてあげる必要があります。

それではデリケートゾーンの保湿はどうやったら上手にできるのでしょうか?

デリケートゾーンを上手に保湿するためには?


デリケートゾーンをしっかりと保湿してあげるためには、前提としてしっかりとキレイな状態にしてあげる必要があります。
デリケートゾーンを洗うときには体用の石鹸ではなく、弱酸性のデリケートゾーン専用ソープを使用してあげたいものです。

通常のアルカリ性のボディー石鹸では刺激が強すぎ、デリケートゾーンの健康を保つための必要な菌=常在菌まで洗い流してしまう可能性があります。
そのため出来る限りお肌にやさしい専用ソープを使ってあげるのがベストですね。

デリケートゾーンをきれいにした後には、保湿剤を1円玉程度の量を取り、指の腹でやさしくなじませてあげましょう。
この時刺激にならないように強くこすらずにやさしく浸透させてください。

保湿剤を塗って、クリームの量であったり水分が気になる時は軽くティッシュで拭ってあげるなどしてあげると良いですね。
この保湿効果がなくならないように、意識して朝と晩に保湿剤を塗ってあげましょう。

保湿には保湿成分たっぷりで美白もできちゃうイビサクリームが一押しです。

朝はなかなかシャワーに入っている時間がないといった時は、ウェットティッシュなどで優しくデリケートゾーンをきれいにした後に保湿剤を塗ってください。

デリケートゾーンの保湿するときの注意すること


デリケートゾーンを一生懸命保湿しようとして粘膜にまで塗ってしまう人がいます。
粘膜には多くの常在菌が存在し、外部からの刺激によって炎症を起こしたり皮膚炎などが発生する可能性も秘めています。

そのため粘膜には保湿剤が入らないようにしましょう。

また何度も言いますがデリケートゾーンは皮膚の層が薄いため、ちょっとしたことでもダメージを受けやすくなります。

保湿効果を高めたいからといって過剰に保湿剤を塗りすぎても逆効果になりかねませんし、力を入れて塗りすぎてもいけません。

優しく馴染ませるように塗ってあげるのがベストといえます。

しっかりと保湿して、デリケートゾーンのキレイを保っちゃいましょう!!