column

あそこの黒ずみ解消にオロナインが効果的って本当なのかしら?

あそこの黒ずみ解消に市販のもので対応できないのかとか調べていると「オロナインが黒ずみ解消に効果ある」なんて声を聞きました。

オロナインというと、昔からどこの家庭にも1個はあるんじゃないかって思えるくらいメジャーなものですが、切り傷や擦り傷、ひび・あかぎれを治してくれる効果のあるものですが、ホントにあそこの黒ずみ解消に効果を発揮してくれるのでしょうか?

調べてまとめてみましたので、参考にしてくださいませ!

オロナイン、ホントに黒ずみ解消できるのかしら?

オロナインで黒ずみが取れると話題になって、オロナインパックなるものを施している方もいらっしゃるようですが、実のところはどうなのでしょうか?

保湿効果は抜群!

オロナインはもともと傷ケアに使われるものですから、殺菌成分や保湿成分は多く含まれています。

単純に乾燥を防ぐという意味ではありとも言えそうですが、次の2つの理由からあそこに使うにはちょっと適してなさそうです。

黒ずみへの効果は確認できない!

オロナインで乳化剤として使用されている成分に「自己乳化型ステアリン酸グリセリル」があります。

これ界面活性剤の一種で、頑固な角栓汚れを浮かび上がらせる働きがみられます。

毛穴に詰まった黒ずみをとるのには有効的と言われていますが、あそこにできる黒ずみは角栓汚れというよりも、色素沈着によるものですからちょっと目的が違ってしまうわけです。

オロナインにはこの色素沈着を美白できる成分は、入っていませんから、あそこの黒ずみに有効かといわれるとそういうわけではなさそうです。

あそこへの刺激が心配です

オロナインでは、香料や鉱物油、界面活性剤などが成分に含まれています。
これらの成分は、肌への刺激となる可能性が高いのです。

そのため、あそこのような皮膚がもともと薄い部位に使うのには適していません。

また、オロナインの効果・効能を確認しても「黒ずみ解消」の表記はありませんから、安全性を考えてもあそこへの使用は避けるべきだと言えますね。

結果、オロナインであそこの黒ずみ解消はどうする?

と、いろいろまとめてみましたが、結果としてオロナインに黒ずみを解消できる成分は入っていないためあまり効果は感じられないというのが答えになりそうです。

また、オロナインはもちろんあそこに使って良いというものではないので、ちょっと危険性を伴う可能性を考えると使用は避けた方がよさそうですね。

あそこの黒ずみって、基本的にはメラニンの色素沈着ですから、これをキレイにするためにはお肌の状態を整えターンオーバーを促進させることが大事です。

さらに、カラダの中でも特に皮膚が薄く敏感に反応してしまう部分ですから、オロナインのような刺激物は避けるべきでしょう。

やはり、イビサクリームのようなあそこの黒ずみ解消用の専用クリームを使ってあげるのが、お肌への負担にもならず安心できるのではないでしょうか?