column

豆乳ローションがデリケートゾーンの黒ずみを解消してくれるの!?

高い美肌効果が見られ、それでいてお手軽度が高く満足度も高い注目のスキンケアアイテムとして豆乳ローションがあります。

頑張れば自分でも作れちゃうというお手軽さも受けているようです。

この豆乳ローションが「脇やデリケートゾーンの黒ずみ解消に効果がある」って話があるようなのですが、これって実際どうなのでしょうか?

豆乳ローションで得られる効果は?

豆乳ローションで特に注目度が高いのがその抑毛効果です。
なぜ抑毛効果が高いのかというと、豆乳はもともと大豆です。

大豆と言えばイソフラボンですね。
イソフラボンと言えば女性ホルモンのエストロゲンを促進してくれる効果が期待できます。

ムダ毛が生えてくる大きな理由は男性ホルモンが女性ホルモンを上回っているから。
この男性ホルモンの働きを抑え、女性ホルモンの働きを活性化することによって抑毛効果が得られるわけです。

この効果を実現してくれるのが、大豆イソフラボンの効果といえます。

これによりムダ毛抑え、かつ、お肌をつるつるにしてくれるといった効果が期待できるものです。

これが毛穴に詰まった黒ずみを解消してくれるという事ですね。

黒ずみはちゃんと解消できる?

では、脇やデリケートゾーンにできた黒ずみをすべて解消してくれるかと言うと、そういうわけにもいかないようです。

何故かと言うと、脇やデリケートゾーンに発生する黒ずみは毛穴のポツポツに合わせてメラニンの色素沈着による黒ずみもあるからです。

確かに大豆には女性ホルモンを活性化する働きがあるため、メラニンの色素沈着も少なからず解消はできるはずです。

しかしながら、もともとが天然成分であるがゆえにその効き目を渡してはかなり緩やかなものになります。

例えば薬用有効成分を配合したイビサクリームを使ったとしても、メラニンの色素沈着を解消するのには最低3ヶ月ぐらいはかかると言われています。

薬用有効成分でもこれだけの時間がかかるのですから、天然成分だともっと時間がかかる事はわかりますよね。

これらを合わせて考えると豆乳ローションでは、緩やかながら黒ずみの解消効果は期待できますが、それなりに時間がかかってしまうといえます。

そのため出来る限り早い段階で黒ずみを解消したいと言うのであればやはりイビサクリームのような薬用有効成分を配合した専用の美白クリームを使ってあげるべきでしょう。

もちろん、時間をかけてでも豆乳ローションを使って黒ずみを解消すると言うのもありですけどね…